学校ハープの1年.png


近年、管弦楽、吹奏楽から少人数のハープアンサンブルまで、学校の部活動や授業でハープが使用されることが珍しくなくなってきました。
その一方で、演奏者も指導者も、どんどん入れ替わっていく「学校ハープ」ならではの悩みもあり、私たち青山ハープでは、そんな学校の先生・生徒さんから毎日のようにたくさんのご質問・ご相談をいただいております

 ・赴任した学校にハープが!!
  だけど扱うのははじめてで不安。
  運搬やチューニング、弦の交換など、何をどうしたらいいの?

 ・ハープ担当だった先輩からいろいろ教わったはずなんだけど、
  実際にやってみたらわからないことだらけ。
  今さら聞けないし、どうしよう?

このコーナーでは、そんな不安を少しでも解消していただき、安心してハープをお使いいただけるよう、また、これからハープの導入をお考えの方にも、「ハープってこんな楽器なんだ」とイメージしていただけるよう、1年にわたって折々のお手入れポイントなどを掲載していきます。



「ハープがある!・・・でも何からどうすればいい?」



「曲が決まった!・・・・でもハープは謎だらけ」